今注目のairbnb投資とは何か|人気のビジネスサービス

自分で住むこともできます

お金を数える人

所有しよう

投資用マンションと呼ばれるものは、普通のワンルームマンションを貸し出すことを目的に購入したものを言います。そのため、中身は居住用マンションそのものとなります。最初から投資用として買う人もいれば、とりあえず自分が住むために購入し、引越しをきっかけに投資用マンションとして貸し出す人もいます。ワンルームマンションを借りて暮らしているようであれば、ローンを組んで投資用マンションを購入するというのも選択肢として考えられます。家賃として支払っていた分でローンの返済をしていくことができます。家賃は支払ったきりとなりますが、ローンを組んで投資用マンションを購入すれば、完済後はローン返済が減った分、住居費の負担が格段に軽くなります。また、賃貸ではなく所有という形にすることで、2年に1回の賃貸契約更新手続きがなくなり、更新料を支払うこともなくなります。但し、投資用マンションのオーナーになると、管理組合に支払う管理費や修繕積立金が毎月発生することには気を付けましょう。仮に自分が住むために購入した投資用マンションを出ていくことになれば、他の人に貸し出すことで家賃収入が発生します。この家賃収入で、引っ越した先の家賃を支払うこともできますし、新たな家を購入して、ローン返済の一部とすることもできます。入居者の募集や管理等は、不動産管理会社が行ってくれるため、投資用マンションのオーナーにはほとんど手間がかかりません。